もぐうさノート

惰性で生きてます。

後悔

世の中は大変な事になっていますが、

友人から借りたメイドインアビスを観て号泣したり

原因不明の腎炎で地獄の苦しみを味わったり

個人的にも色々ありました。

 

8000

LP8000越えました。ファルケで。

f:id:moguusa:20200330223602j:plain

 

一時期はラグが酷すぎて

スト5自体やる気にならなかったが

先日のアップデートである程度解消されたようなので

満を持して再開。

 

ゲームパッドからキーボード操作へ切り替え、

咄嗟のしゃがみガードすら満足に出来なかった人間が

少しずつ操作に慣れていき、さらには

キーボードからヒットボックスへ切り替えて

曲がりなりにもプラチナランク到達、という所までを

詳細にまとめておけば、成長の記録(ネタ)として

相当良いものが出来たのではないかと

今更になって後悔している。

 

 

Road to Super Platinum

とはいえ、これから記録をつけていく事も

遅すぎるという事はないだろう。

 

スト5熱も再燃し、折しも外出できないこの状況において

割と真剣にスーパープラチナを目指そうと夢想している。

 

将棋において最も効果的な上達方法は「感想戦」と言われているが

ランクマッチでも1戦(2先)ごとに振り返り、

ひとりで感想戦を行っていこうと思う。

 

打箱

とうとう買ってしまった。

f:id:moguusa:20200211132023j:plain

純製品ではなく改造モデルだが

ついにヒットボックスデビュー。

 

もともとキーボードで疑似的に扱ってはいたが、

やはり微妙にボタン配置が異なり

ちょっとだけだが慣れるのに時間がかかるかも。

 

ボタンの色が統一されていないのが

気にならない事も無いが、

ひとまずは慣れる事を優先。

 

キラキラのアーチャー

真名は清少納言との事。

自分の予想としては石川五右衛門だったのだが、

見事にハズレ。

 

アーチャーという事で、個人的に一番気になるのが

宝具。

 

f:id:moguusa:20200211132613j:plain

 

f:id:moguusa:20200211132653p:plain

 

エモーショナルエンジンってなんだよ…

ちくしょう…欲しいじゃねえか…

 

迷走

初対面の人とサシ飲みという

自分にしては相当レアなシチュエーションがあった。

 

めちゃめちゃ緊張していた為か

お通しの一口目で思いっきり唇を噛んだ。

泣きたいぐらい痛かったのだが、

出来るだけ平静を装いつつ会話を進め

二口目でもう一度「ガリッ」と…

いやー、ダイエットには口内炎が一番ですね(涙目)

 

キャラが固まらない

スト5のメインキャラはファルケで行くつもり。

…なのだが、心に迷いがあるのか、なぜか色々な

キャラを触っていたりする。

ミカはもとより、春麗、ネカリ、ガイル、ベガ…

さすがは称号が「迷える羊」なだけの事はある。

 

配達完了

f:id:moguusa:20200202212557p:plain

アマゾネスドットコムの全配達完了しました。

高難易度も割と難なくクリア。

全体的にバーサーカーが活躍したイベントでした。

極70階に挑む際、様子見で出撃した婦長が

探偵をタコ殴りにしてクリアしたシーンが最も印象に残っているので

MVPは婦長ということで。

 

今回のガチャは見送り。

キラキラのアーチャーは真名も気になるけど

個人的にはそれ以上に宝具タイプの方が重要かも。

もう全体宝具星5アーチャーはお腹いっぱいなんじゃぁ…

 

「パラサイト 半地下の家族」観てきた

韓国の映画をきちんと観たのは初めてかもしれない。

個人的には、あのラストは非常に後味が悪く感じた。

とはいえ、後味の悪いラストは大好物なので

良い映画という事になる。

ネタバレは厳禁らしいので、以下は伏字で

 

だって、◆◆◆◆◆◆◆◆出来ないからこそ

◇◇していた訳でしょ。

□□□□で●●●持ち、更には〇〇〇〇なんて

「△△△△△」の▲▲▲▲より無理ゲーでしょ。

いやいや、後味悪い悪い(誉め言葉)

 

怠惰

今年の年末年始は、今までになく

ダラダラと過ごした日々だった。

まあ、目標は「体調を崩さない事」だったので

それはそれで良かったのだが。

 

ランクマ再デビュー

ファルケでランクマッチを再開。

LPを1000以上溶かして泣きそうになりながらも

なんとかプラチナに復帰。

f:id:moguusa:20200104110234j:plain

どうも新バージョンでもファルケは弱キャラみたいですが

頑張ってみようと思います。

こっそり春麗も触っているのは内緒。

 

運試し

FGO福袋はランサークラスを選んだ。

f:id:moguusa:20200104113707p:plain

ブリュンヒルデが来てくれたが、

できればスカサハが欲しかったなあ…

 

f:id:moguusa:20200104113820p:plain

元日のガチャで楊貴妃が。

2020年は上々の滑り出しかもしれない。

始皇帝は出なかったけど…

 

よくよく振り返ってみると、

スカサハ=スカディ以来、異聞帯のサーヴァントには

全く恵まれていない。

オリュンポスでは是非とも。

決断

スト5シーズン5は

ファルケをメインに使っていくことにした。

f:id:moguusa:20191222213911j:plain

 

調整による強化or弱体化とか、

ミカのVスキル2が予想以上に使えないとか

要因はいろいろあるのだが

決め手となったのは↑のジャージコス

f:id:moguusa:20191222214336j:plain

もうね、前投げした時のヒップラインが

たまらん。まさにケツ断。

 

ジャージのカラーバリエーションが出たら

絶対買います。カプコンさんお願いします。

 

バージョンが変わった事で、

どうせフレームとか確反とか

一から勉強し直しになると思うので、

せっかくなら使ってて楽しい方で。

 

アトランティス制覇

FGO2部5章をクリアしました。

いつもクリア時のスクショを貼っているが

今回はネタバレになるので自粛。

 

ストーリーは結構良かったと思う。

「細かい粗が目立つ」という声もあるみたいだけど

個人的には、説明過多だと萎えてしまう性質なので

あれぐらいの描写でちょうどよかった。

あーでもないこーでもないと考察したり、

議論出来るぐらいが一番良いのかなと思う。

 

ピックアップガチャはというと、

30連で星4サーヴァント2騎、って言えば

聞こえは良いのだが、

アサシンパライソの宝具レベルが

1→3になっただけ、と

言ったら君はどんな顔をするだろう。

f:id:moguusa:20191222220401p:plain

 

超人オリオンに後ろ髪をひかれつつ

ピックアップ2、もしくは

新年イベント(あるのか?)を期待して

今回はこれにて撤退。

 

努力2.0

 Kindle版を買って読みました。

世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0

世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0

 

 棋書と資格教本以外で、単行本の新品を買うのは

何年ぶりだろう。

 

ざっくりとした感想としては、

「効率的な努力」のやり方が言語化されていて

非常に面白かった。

ただ、思うところもあるので、それは

備忘も兼ねて改めて書こうと思う。

 

来週から年末休みに入るので

もう一回通して読んでみます。

手抜きは悪なのか?

まず結論

否。手抜き≒最適化、あるいは効率化であり

成果さえ伴えば、悪であろうはずもない。

ただし、「過程」というよく分からん評価軸があり

そいつとはトコトン相性が悪い。

そして、その評価基準が異様に高い人も

結構いる。

 

手抜きとは

とあるアニメーターが、アニメ制作にあたり

「いかに手を抜くか」的な発言をしたそうで

炎上してしまったらしい。

その後フォローになってないフォローをしたりと

火に油を注いでしまったようだが、そもそも

手抜きとはそんなにいけないものなのか。

 

病巣

この話を見た時、最初に思い浮かんだのは

エヴァ」主題歌を作詞された方の話だった。

#あえて名前は出さない

この方はエヴァ本編を観たことが無く、今後も

観る気がないと各所で語っている。

巷ではえらく炎上しているようで

自分も最初は「え?」と思ったのだが、

最終的には、まあそういう考えもあるよね

ぐらいに落ち着いた。

 

あとは、Excelマクロを作って「ズルい」と

言われたり、料理で「めんつゆ」や化調使うと

ブーイングが出たりとか。

病巣というか、根本となる感情は同じなような

気がする。

 

 過程という付加価値

自分は昔、ボニーピンクというアーティストが好きだった。

さらにその中で1枚、毎日聴いていたほど

気に入っていたアルバムがあった。

 

ある時、雑誌のインタビュー記事で

当人がそのアルバムに触れて

「当時は曲を作るのにメチャクチャ苦労した」

「鬱になるほど追い込まれた」

「作り終えた今は、とても気が楽」

的な事を述べており、当時の自分は酷く落胆したことを

覚えている。

 

もう何十年前のことなので、細かな内容は

ほぼ覚えていないが、今になって考えてみると

「生みの苦しみ」みたいなものを表現していただけ

だったのかもしれない。が、精神的に幼かった自分は

「こんな素晴らしい曲は、さぞ充実した気持ちで

制作していたのだろう、いて欲しい」という気持ちが

あったのだと思う。その(勝手に想像した)バックボーンが

(勝手に)裏切られたことで、落胆したのではないか

と考えている。

 

完成品、下から見るか?横から見るか?

成果主義”という言葉がある。こんな言葉があるということは

成果以外の評価軸がある。これを総じて「過程」と

呼ばれることが多い。

そして、評価対象や被評価対象ごとに

評価、すなわち価値の軸が変化していく。

 

沈黙は金

結論に戻る。

「手抜き」というのは聞こえが悪いが、

やっていることそのものは、言わば最適化であり

効率化である。

成果の質が極端に落ちてしまうのは当然ながら問題だが

そうでないのであれば、全く問題がないどころか

称賛されるべきことであるはず。

 

ただし、過程を評価”したがる”人たちは

「どう作ったか」という点を見て、意に沿わない所が

あると、猛烈なマイナスを喰らってしまう。

 

まあ、不言実行がカッコイイってことで…

 

 

 

逡巡

ファルケでだいぶ勝てるようになってきた。

今度の調整次第だけど、本気でキャラ変更も

視野に入れておこう。

f:id:moguusa:20191130224307j:plain

具体的には、小技が発生3フレームになって、

めくり攻撃もサイコシュナイデで落とせるようになって、

ダッシュの距離と速度が上がって、

立中Pのリーチがもう少し伸びたら

考えない事もない。

 

神引き再び

アストルフォが来てくれました。

サンタさんありがとう。

f:id:moguusa:20191130225615p:plain

 

そしてまさかの2枚抜き。

 

f:id:moguusa:20191130225657p:plain

あんまり度を越したプレゼントには

逆にビビってしまうチキン。

 

そんなこんなでもう12月。

去年末は酷く体調を崩して散々だったので

今年は体を労わる師走にしよう。