もぐうさノート

最近は将棋の事ばかり

過去を尋ねる旅・後編

9月18日。

台風は予想よりも早く過ぎ去り、

朝から暑いくらいの晴天。

 

翌日から仕事が始まる(しかも忙しくなりそう)

事などもあり、すこし悩んだが

一昨日の心残りを払拭させるため

またもや下りの電車へ飛び乗る。

f:id:moguusa:20170930125016j:plain

 今日のスタート地点は新座駅から。

当時、大体のお出かけ用事は清瀬か東久留米から出発だったので

この駅を利用した記憶は全く無い。

 

 

f:id:moguusa:20170930130616j:plain

新座駅からの街道沿いに、なぜか「肉の万世」がある。

他所と比べて極端に外食が少ない家庭だったのだが、

それでも親戚が家に来た時等はここに行ってステーキなり

ハンバーグを食べたものだった。

 

幼少の頃の自分は「ウチはお金が無いからあまり外食が出来ない」

と思っていたのだが、成人してから母に尋ねたところ

「アンタは味音痴だから、良い所連れて行っても無駄だと思った」

との事。うーん、ぐう正。

 

 

f:id:moguusa:20170930132602j:plain

街道を逸れ、竹林を抜けていくと

新座の名寺(適当)、平林寺。

寺内に入るにはお金がかかるので、

実は入ったことがない。

 

いつだったかの夏休み最終日

泣きべそをかきながら、この辺りの風景を

スケッチ(夏休みの宿題)したのを今でも覚えている。

当時から美術的センスが無く、また

嫌な事からは当ても無く逃げていくという性格だった。

 

 

f:id:moguusa:20170930134418j:plain

通っていた中学校。2年生の夏に引っ越したので

実質1年3か月ぐらいしか通っていないのだが

意外と印象に残っているものだ。

 

校門の横には全国大会に出場する生徒の名前が

貼りだされており、そこには仲の良かった友人と同じ苗字の子がいた。

もしかしたら彼の子供なのかなあ、なんて思いを巡らせてみたり。

 

 

小学校中学校と、嫌な思い出だった訳ではない。

だけど、引っ越した先の地域(23区)が、あまりにも魅力的過ぎて

転校先の同級生や先輩後輩も、前と比べてあまりにも洗練されている

ように見えて、現状にしか目を向けられなくなっていた。

中学生という多感な時期だから仕方ないと言えるかもしれないが、

今思えば典型的な田舎者だ。

 

結果的に、当時の関係が全て自然消滅してしまったのだが

今となっては、少し勿体ない事をしたなという思いが

ないでもない。

 

 

その後、個人的にはグッとくるような景色を

パシャパシャ撮りまくったが、色々写りこんでいるため割愛。

↓のようなルートで歩き、

f:id:moguusa:20170930141633p:plain

 

最後はバスで清瀬駅へ。

そしてそのまま、何も食わずに帰宅。

f:id:moguusa:20170930141840j:plain

時の頃は既に夕飯時であったのだが、何も食べなかったのは

「去っていく町に未練のようなものを残したくない」

とかいうキザな理由が一つと

「今お腹いっぱいになったら電車の中で寝てしまいそう」

という情けない理由が一つ。

 

2日に渡っての探訪で、ノスタルジーに浸るというよりは

当時の町、ひいては過去の自分に

ちゃんと別れを告げられたような気がする。

あくまでも気がするだけだが。

 

さようなら過去。当分再訪することもあるまい。

f:id:moguusa:20170930143325j:plain