もぐうさノート

最近は将棋の事ばかり

確証

2週間ぶりの実戦対局。

 

試験勉強に集中するという名目でしばらく実戦を断っていた

ブランク、今日の試験で丸一日頭を使い続けていた疲労、

さらには終了後の解放感からお酒を飲み、若干(いや相当)

酩酊しての将棋。言うまでもなく酷い。

 

おそらく普段なら、こんな時は指さない。勝ちに拘泥している

という訳では無いが、100%またはそれに近い力で指せないなら

普段はやらない。

 

ただ、今日はこんな状態でも指したかった。

指したい理由があったので指した。それは

「自分がまだ将棋を好きかどうか」

を確認したかったから。

 

今回の「事件」は、色々な意味で衝撃的だった。

ゴシップ的なインパクトは、昔の突撃事件の方が上かもしれないが

この件は、すこぶる重く突き刺さる。

全ての情報が公開された訳ではなく、まだシロかクロかが

不明だが、当事者全員が無傷というのは最早あり得ない。

それどころか、泥沼化した挙句将棋界全体に

波及するかもしれない。

 

こういったモヤモヤは大嫌いだ。

自分がいくら考えても結論なんて出やしない。

でも頭の中にこびりついて離れてくれない。

 

とにかく確認したかった。

将棋が嫌いになっていないかどうか。

 

結果は言うまでもなかった。

将棋そのものに罪なんてあるわけない。

自分の読みの精度がガタ落ちしていたが、

そんな事はどうでも良い。

 

よくよく考えたら、単純な事だった。