もぐうさノート

最近は将棋の事ばかり

Windows7でのデフォルトユーザープロファイル作成方法

Windows7以降から、既存のやり方でデフォルトユーザープロファイルの作成(修正)が

できなくなり、Microsoftからはデフォルトユーザープロファイルを作成するときは

Sysprepを使用する事が推奨されています。

しかし、SysprepではInternet ExplorerWindowsメディアプレーヤー等の

設定が初期状態になってしまうといった問題点があったり、

万が一失敗した場合はOS再インストールからやり直さなければならないなどの

リスクもあります。

 

そういった事も踏まえて、うちの職場ではSysprepではなく以下のやり方で

デフォルトユーザープロファイルを作成しています。

結構面倒ですが、Sysprepよりかはマシです。

まだ検証不十分ですが、Windows8、8.1でもいけると思う。


■事前準備

雛型となるユーザーアカウントを作成する。

ローカルユーザー、ドメインユーザーどちらでも可。ただし、

プロファイルパスをデフォルトのC:\Users\XXX\から別の任意の場所へ変更する事

(でないと以後の作業が失敗する)


今回は仮に

雛型ユーザー名:aaa

プロファイルパス:C:\aaa

としておきます。

また、別途ローカルAdministrators権限をもつユーザーアカウントが必要です

(ユーザープロファイルコピー用)。


■雛型ユーザープロファイル作りこみ

aaaでログオンし、ソフトウェアインストールや各種設定などを行う。

予めaaaをローカルのAdministratorsグループに入れておくとラクです。


■ユーザープロファイルのコピー

aaaとは別のローカル管理者ユーザーでログオンする。

C:\aaaをデスクトップにコピー、コピーしたフォルダ名を「Default」にする。

コピーが出来ない場合は、aaaフォルダの所有者をAdministratorsに、アクセス権に

「everyone:フルコントロール」を追加した後、再度コピーを試みる。

デスクトップのDefaultフォルダを「C:\Users」フォルダへコピー。

既存のフォルダと統合するかどうか聞いてくるので、すべて「はい」

もしくは「置き換える」を選択。


■壁紙設定の修正

この方法だと、(現状確認している限りで)壁紙設定だけがおかしくなる為、

続けてレジストリから修正を行う。

 

レジストリエディタ(regedit)を起動する。

HKEY_USERSを選択し、「ファイル」から「ハイブの読み込み」をクリックする。

C:\Users\default\NTUSER.DATを開く。(隠しファイル属性なので注意する)

「ハイブの読み込み」ダイアログが起動するので、キー名の欄にTempなど

適当な名前を指定して「OK」ボタンをクリックする。

読み込んだTempのキーから、以下のパスに移動する。

Temp\Control Panel\Desktop

Desktopの中にWallpaperのキーがあるので、値に壁紙にしたい画像へのフルパスを

記述する。

Tempを選択し、「ファイル」メニューから「ハイブのアンロード」をクリックする。

 

以上