読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もぐうさノート

最近は将棋の事ばかり

やっぱり自分はファシストかも

雑記


最近忙しくて出れなかったが、久々に社内の会議に出た。
で、毎回多かれ少なかれ思うのだが、どうも空回りしている気がする。


僕自身は喋るのが好きだ。トークが好きだ。ディスカッションが好きだ。
だからダラダラ喋ってるのは別に嫌いという訳ではない。


でも、会議という場は最終的に結論を出す場であるという認識が強い。
結論を決めて、意思共有して、それに邁進する為に集まっているんじゃないのかなと
思ってしまう。


よくブレーンストーミングなんて事を言うけど、
僕に言わせりゃあんなものはまやかしだと思う。
人の考えや意見なんてものはそうそう変わるものではなく、
意思決定権を持つ人がある意味トップダウン、悪く言えば独善的に
決めてしまうのが良いのではないかと思う。
決定権がない人は、意思決定権を持つ人に判断材料を
投げかけたり、「こうするべきだ」というような提案をする。


ほんでもって、最終的に事項が決まり、皆がそれに向かって進むと。
まあ、どうしても納得できなかったり、その事項が拙い場合には
もう一回話し合うって事になりますけどね。


だから、個人的にはアリなんですよ。独裁政治って。
勿論「トップがちゃんとしていれば」という前提ですけど。


今週のお題「心に残る映画」
そんな訳で(どんなワケで?)「12人の優しい日本人」という映画が好きです。
元は戯曲というか舞台ですが。
狭い部屋の中でひたすら12人が議論するだけ、
なのに面白いというのがとても印象に残ってます。
で、これもやっぱり最終的には一つの結論に収束していくわけですね。