もぐうさノート

惰性で生きてます。

手抜きは悪なのか?

まず結論

否。手抜き≒最適化、あるいは効率化であり

成果さえ伴えば、悪であろうはずもない。

ただし、「過程」というよく分からん評価軸があり

そいつとはトコトン相性が悪い。

そして、その評価基準が異様に高い人も

結構いる。

 

手抜きとは

とあるアニメーターが、アニメ制作にあたり

「いかに手を抜くか」的な発言をしたそうで

炎上してしまったらしい。

その後フォローになってないフォローをしたりと

火に油を注いでしまったようだが、そもそも

手抜きとはそんなにいけないものなのか。

 

病巣

この話を見た時、最初に思い浮かんだのは

エヴァ」主題歌を作詞された方の話だった。

#あえて名前は出さない

この方はエヴァ本編を観たことが無く、今後も

観る気がないと各所で語っている。

巷ではえらく炎上しているようで

自分も最初は「え?」と思ったのだが、

最終的には、まあそういう考えもあるよね

ぐらいに落ち着いた。

 

あとは、Excelマクロを作って「ズルい」と

言われたり、料理で「めんつゆ」や化調使うと

ブーイングが出たりとか。

病巣というか、根本となる感情は同じなような

気がする。

 

 過程という付加価値

自分は昔、ボニーピンクというアーティストが好きだった。

さらにその中で1枚、毎日聴いていたほど

気に入っていたアルバムがあった。

 

ある時、雑誌のインタビュー記事で

当人がそのアルバムに触れて

「当時は曲を作るのにメチャクチャ苦労した」

「鬱になるほど追い込まれた」

「作り終えた今は、とても気が楽」

的な事を述べており、当時の自分は酷く落胆したことを

覚えている。

 

もう何十年前のことなので、細かな内容は

ほぼ覚えていないが、今になって考えてみると

「生みの苦しみ」みたいなものを表現していただけ

だったのかもしれない。が、精神的に幼かった自分は

「こんな素晴らしい曲は、さぞ充実した気持ちで

制作していたのだろう、いて欲しい」という気持ちが

あったのだと思う。その(勝手に想像した)バックボーンが

(勝手に)裏切られたことで、落胆したのではないか

と考えている。

 

完成品、下から見るか?横から見るか?

成果主義”という言葉がある。こんな言葉があるということは

成果以外の評価軸がある。これを総じて「過程」と

呼ばれることが多い。

そして、評価対象や被評価対象ごとに

評価、すなわち価値の軸が変化していく。

 

沈黙は金

結論に戻る。

「手抜き」というのは聞こえが悪いが、

やっていることそのものは、言わば最適化であり

効率化である。

成果の質が極端に落ちてしまうのは当然ながら問題だが

そうでないのであれば、全く問題がないどころか

称賛されるべきことであるはず。

 

ただし、過程を評価”したがる”人たちは

「どう作ったか」という点を見て、意に沿わない所が

あると、猛烈なマイナスを喰らってしまう。

 

まあ、不言実行がカッコイイってことで…

 

 

 

逡巡

ファルケでだいぶ勝てるようになってきた。

今度の調整次第だけど、本気でキャラ変更も

視野に入れておこう。

f:id:moguusa:20191130224307j:plain

具体的には、小技が発生3フレームになって、

めくり攻撃もサイコシュナイデで落とせるようになって、

ダッシュの距離と速度が上がって、

立中Pのリーチがもう少し伸びたら

考えない事もない。

 

神引き再び

アストルフォが来てくれました。

サンタさんありがとう。

f:id:moguusa:20191130225615p:plain

 

そしてまさかの2枚抜き。

 

f:id:moguusa:20191130225657p:plain

あんまり度を越したプレゼントには

逆にビビってしまうチキン。

 

そんなこんなでもう12月。

去年末は酷く体調を崩して散々だったので

今年は体を労わる師走にしよう。

窮鼠

近くの商店街を歩いていたら

でっかいネズミが。

f:id:moguusa:20191110201439j:plain

この後、なぜか自分の方に突っ込んでくるネズミに

年甲斐もなく悲鳴をあげそうになる。

この辺衛生面やばいかも…

 

セイバーウォーズ2

超高難易度もクリアしました。

やっぱりマーリンを獲得してから

こういったクエストのハードルが

だいぶ低くなった気がする。

 

そしてガチャ戦果は、

f:id:moguusa:20191110201804p:plain

すり抜けランスロットと、

 

f:id:moguusa:20191110201819p:plain

スペースイシュタル。

どうでもいいけど、頭身おかしくない?

 

あと、呼符を消費するためにストーリーガチャを

回したところ、シトナイが登場。

f:id:moguusa:20191110205316p:plain

うれしい。うれしいんだけど、

また死んだ目で種火を集める日々が来ると思うと…

 

Benutze Falke

ヒット確認の練習も兼ねて

未だにファルケを使ってカジュアルマッチやってます。

勝率2割ぐらいだけど、なぜか楽しい。

f:id:moguusa:20191110210049j:plain

ヒット確認からのサイコアングリフで勝つたびに

歓喜の絶叫をあげています。

ラストシューティングみたいで超かっこいい。

代わりにCAフィニッシュがダサいのは内緒。

ジョーカー観てきた

ネタバレなしの感想としては、

すごい面白かったので、お金と時間と心に

余裕がある人は是非観にいくべきだと思いました。

以下ネタバレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終始、現実と妄想の区別がつかない(あえてつかないように作っている)

物語だったが、この話は全て、最後にアーサー(ジョーカー?)

が思いついたという「面白いジョーク」そのものではないかと思った。

つまり、全てが虚構。作り話。

 

序盤から、能力的にも境遇的にも報われないアーサーだが、

突然笑いだしてしまう病気以外にも

ネタ帳なしには喋れず、単語の記入もおぼつかない記憶力だったり、

銃を落っことした後に黙りこくってしまう、機転の利かなさ等

所謂”足りない”部分が多い。

 

だが、中盤以降、そんなアーサーにしては

出来すぎとも言える展開が多い。

ネタが全く笑えず、ロクに人前で喋れないのに

なぜステージに立てたのか?

要人が集まっている、警備が厳重なはずのホテルに

なぜ易々と侵入し、更にはクロークの制服まで

拝借できたのか?

30年前の病歴や逮捕歴といった、超プライベートな

事柄を、なぜ聞き出すことが出来たのか?

#病院のおっさんはペニーの資料を持ってきた後で

#アーサーが「息子である」事に気づいている

 

また、劇中の事象について「アーサーにも非はあるよね」

という点が無く、それが却って「ご都合主義」感を

強めている。

ただし、これはシナリオが甘いと考えるより、

「おかしい人が考えた、おかしい話」と考えさせるように

敢えて作っている、ように感じた。

 

という訳で、繰り返しになるが、全ては劇終盤の

カウンセリング時に、アーサーが思いついた戯言、

つまりジョークだったと思われる。ジョークとして笑えるか

と言えば、当然ながら笑えない。なのでアーサーは

「理解できないさ」と言ったのではないか。

 

最後に、結局アーサーはジョーカー(バットマンと対峙する

ヴィラン)なのか?という点については、

「分からない」で良いと思う。

ウェイン家との関係性なども含め、そうだとも取れるし

そうでないとも解釈できる。

 

個人的に、こういう後味の悪い終わり方は大好きだ。

 

 

スト5キャラ対策[リュウ編]

現在のポイントが7785。

プラチナ到達で満足していたが、

スーパープラチナに上がりたい欲求が

ムクムクと膨れ上がってきた。

 

自キャラの精度も勿論上げていかないといけないが、

浅~いキャラ対策もやっていこうと思う。

 

という訳で、まずはたかしリュウから。

f:id:moguusa:20191022220051j:plain

 

リュウの必勝パターン

リュウの理想とする行動は2つに大別される。

1.距離を取って波動昇竜モード

2.カサカサ素早いダッシュで距離を詰めつつ

投げを中心とした固め

 

f:id:moguusa:20191022221009j:plain

やっぱり強い波動拳

f:id:moguusa:20191022221301j:plain

コマ送りで見るとそうでもないが、

実際のプレイ中は超見づらいダッシュ

 

このパターンは避けなければいけない。

 

立ち回り

中間距離からダッシュで詰められないために

技を振っておく必要があるのだが、

姿勢が高いと噛み合ってしまうことがある。

f:id:moguusa:20191022223312j:plain

 ので、低い姿勢から攻撃ができる

小足または中足が有効と思われる。

f:id:moguusa:20191022223744j:plain

意外にもリュウの中足に勝てたりする。

 

リュウ側が振る技がなくなって黙りだしたら

前ステップから投げor打撃でこちらのターン。

 

距離を取ってからの波動昇竜モードに対しては

ボディプレスで昇竜拳を釣る動きが効果的。

f:id:moguusa:20191022225126j:plain

↑のようになれば理想的。

こうならなかったとしても、空中軌道変化という

”ノイズ”を強く意識させることで

脊髄反射の対空が出なくなり、飛びが通りやすくなる。

 

不抜対策

トリガー1については、逃げ回っていればそのうちタイマーが切れるので

特に対策も無いが、問題はトリガー2の確固不抜。

 

発動中は、どうしても一心(当身技)が主軸の読み合いとなり、

リュウ側が主導権を握ってしまう。これが結構きつい。

 

 特に注意すべきは逆択。

f:id:moguusa:20191024190307j:plain

リュウにおける代表的な逆択ポイント、大ゴス。

特に不抜発動中は、こういった所で安易に手を出さない。

 

また、攻めるときは投げ(通常投げ&コマンド投げ)を中心でいく。

普段より通常投げの比率を多めにしていくとより良いかもしれない。

 

ラストワンドット

リュウ戦に限った話ではないが、相手の体力が残り数ドットに

なってからのEXピーチは強い。

特にリュウの場合は、単発の攻撃が多いので

スーパーアーマーで勝ちやすい。

f:id:moguusa:20191024192448j:plain

対空や垂直狩りにもおすすめ。

自由

先日、珍しく父と口論になった。

いや、よくよく振り返ってみれば

エキサイトしていたのは自分だけだったかもしれない。


話の内容は、携帯電話の機種変更について。

世の中の諸問題に比べれば

ちっぽけにも程がある。

 

1か月ほど前の話。

近い将来、PHSサービスが完全終了する事から、

母の機種変更を検討する事になった。

現在、父はガラケー、母はPHSを持っている。

母は、VHSデッキの予約録画が出来ない程の

筋金入りと言える機械オンチだが、緊急時の連絡手段として

半ば強引にPHSを持たせている。

一応、アドレス帳に登録してある番号へ電話をかけたり

着信を受けて通話をする、といったような基本操作は出来るようだ。

 

 

また、父も現在の機種を変えたいらしく、色々話した結果

父が母に教えながら使えるから、という理由で

両親ともに同じ機種に変更する事に。

 

父は自身が所属しているサークル(散歩サークルとかいう集まりらしい)で

Twitterや地図アプリなどを使っており、

自分もスマホを使ってみたいとの事だったので

https://www.ymobile.jp/lineup/705kc/

↑の機種を提案し、

PHS終了まではまだ時間があるので、ゆっくり考えましょう」

と言って、その日の話は終わった。

 

時間を戻す。

先日、突然父から電話があり

Google Pixelか、iPhoneにしようと思う」と。

はぁ?!

 

母と機種を揃えるという話はどうすんのさ?

まさか母にもPixelかiPhoneを持たすつもり?という問いに

「俺がちゃんと使い方教えるから」という

捨て犬を拾った小学生のような回答。

 

聞けば、携帯ショップの店員さんに勧められたらしい。

が、PCソフトのインストールすら出来ない父に

AppStoreやGooglePlayのアプリ管理や、

OSのアップデートが出来るとはとても思えない。

父は結構知ったかぶりをする事もあるので、

ショップ店員さんが父の浅さを見抜けなかった可能性は高い。

とはいえ、こんな老人の相談に1時間も付き合ってくれたらしい。

ショップ店員さんには恨むどころか、頭が上がらない。

 

その後も考えを改めるように話していったが、

父の考えは変わらず。「もう勝手にしてくれ」と

初めて使う捨て台詞を吐き、電話を切った。

 

電話を切った後も、誰が言ったか知らないが

「自由には責任が伴う」

という言葉が頭をよぎり続けた、後味の悪い夜。

 

翌日、父より「いったん機種変を保留することにした」

というメールが。

 

それはそれでスッキリしたわけでもなく、

何が最適解だったのかと考えるばかり。

 

不撓

木村王位戴冠おめでとうございます。

対局後インタビューで感極まった瞬間は

当然のようにもらい泣き。

 

誘惑

魔導杯は、後半サボってしまったが、

なんとか総合報酬をGet

f:id:moguusa:20190929200510p:plain

 

で、報酬精霊がこれ。

f:id:moguusa:20190929200748p:plain

なんだろう、この、そこはかとない退廃感は…

AppStoreは審査厳しいとかいう話をよく聞くけど

FGOのスケベ礼装といい

実際は審査ガバガバなんじゃないのかな…

 

魔導杯が終わり、ギル祭ももうすぐ終わりという事で

またしばらくは落ち着いた期間に入るのかなと思われる。

という事で、また他のゲームを再開してみる。

モンハンワールドや、Steam版オクトパストラベラー、

ロマサガリマスター版などの脳内競争に勝ったのは…

f:id:moguusa:20190929202056p:plain

そうだね。将棋だね。

冒頭に木村王位の話をしているし

残念でもないし当然。

 

年末に家族で旅行へ行く予定なのだが、

そこで父親と対局する事に。

自分が小さい頃に指したっきりなので

棋力のほどは測りかねるが、少なくとも

自分のピーク(ウォーズで初段取ったあたり)

には及ばないだろうと踏んでいる。

 

という事で、完膚なきまでに叩き潰してあげるためにも

将棋を再開することに。

まずは恒例の将棋クエスト5切れで試運転。

 

さらに最近は羽生さんが右玉を連採している

なんて話も聞くし、久々に棋譜並べも

してみようと思います。